種類について

m&a情報センター

目的に応じたm&a

m&aは様々な目的に合わせて行われます。それぞれ形態によってメリットとデメリットがあるので、目的に合ったm&aを行うようにしましょう。今後グローバル化が進み、市場の競争は激しくなっていきます。そのため、今後もm&aは増えていく傾向にあるのです。

m&aの種類

男女

業務提携

業務提携とは互いの利益のためにノウハウや技術を共有して特定の分野で強力することです。業務提携には3つの形態があります。1つ目は技術提携で、これは既存の技術を提供したり、複数の技術や人材を持ち寄ることで開発を効率化する共同開発を行うことができりするのです。2つ目は生産提携。これは需要に生産が追いつかない時に他の企業に生産を委託したり、共同で資材を調達することで相互に利益を得ることができたりします。そして3つ目は販売提携です。新しい分野での商品開発を行った会社が、提携パートナーの販売ルートやノウハウを利用して販売を委託することで相互に利益を得られます。

資本提携

資本提携は、お互いが独立しながらも相手方の株式を持つ関係になります。経営支配権を持たない10%程度の株を保有するものが一般的です。業務提携と違うのはお金を出しているかどうかで、相手の利益は自分の利益につながることよりよい関係を築くことができます。資本提携には、資本参加もしくは相互保有といった2種類の形態に分類することができるのです。

分割

分割は、事業に関して権利義務を新たに設立する会社か相手の会社に承継されることです。分割には、新設分割と吸収分割の2つの形態に分けることができます。新設分割は両方の会社の事業を新しい会社に引き継がせることで、吸収分割は、一方の会社の事業を相手の会社に引き継がせることができるのです。

買収

買収とは一方の会社がもう一方の会社の経営権を買い取ることになります。買取られた会社はそのまま存続します。この買収は、中小企業の経営統括ではよく利用される方法なのです。買収には、会社の一部の事業を譲渡する事業譲渡と被買収会社の株式を買い取ることで経営権を得る株式取得があります。事業譲渡の場合は、対価を相手企業に払うことで、事業部門を個別に買収を行うのです。一方で、株式取得の場合であれば議決権の3分の1以上の株式を所有することで会社の所有権をまるごと獲得することができます。

合併

合併は、複数の会社が1つの会社になることをいいます。合併に参加した会社は消滅して、新たな会社が設立することになります。そして、その合併には、合併に参加した全ての会社が消滅する新設合併と合併に参加した1社を除いて他の会社が消滅する吸収合併があるのです。一般的には吸収合併が主流となっているのです。

新着情報

m&aのおすすめ情報

握手

m&aの取り組み

m&aの取り組みおいて、重要な3つの要素についてまとめたページになります。m&aが初めてという方はチェックしておきたい情報となっているので見てみましょう。

READ MORE
男女

m&aの種類

m&aを行う中で、契約には様々な種類が存在します。そのため、自分の目的に合った方法で契約を行わないといけません。契約の種類について、1つひとつまとめているので、チェックしておきましょう。

READ MORE
男性

m&aを行う際のポイント

これからm&aを利用する企業がどんどん増えていきます。m&aを利用するにあたって必要となる知識についてまとめています。これらの情報を知っておくことで、失敗しない業者選びを行うことができるでしょう。

READ MORE
広告募集中